オオサンショウウオ 怪魚

特別天然記念物「オオサンショウウオ(ハンザケ)」が釣れた!!

  • 2020年8月2日
  • 2021年11月28日
  • 釣る

こんにちは!島根のニッシーです!

私用でしばらく地元に帰省する関係で、島根での冒険をアップします。

 

今回は、「ウナギ狙いのブッコミ釣り」の最中に、「超激レアな希少生物」を釣ってしまった話をします。

 

「秘密の釣り場」で、夜釣りをしていた

 

この日は、夜釣りで「ウナギ狙いのブッコミ釣り」をしていました。

 

「ウナギ」狙いで釣りに来ていた

 

※「ウナギのブッコミ釣り」については、こちらの記事をご覧ください

 

ポイントは、近所のとある「川の淵」

が小学生の頃、「探検ごっこ」をしていて見つけた秘密の釣り場です。

 

奥まった場所にあることから、「他に釣り人が来ない」「とにかく魚が多い」という絶好のポイントなのです。

 

手にとまった「ホタル」

 

川辺を飛び交う、たくさんの「ホタル」に癒されながら、ウナギのアタリを待っていました。

 

ウナギ釣りでかかった「怪物」の正体とは…

 

この日は「入れ食い状態」で魚が釣れ、目的の「ウナギ」も釣り上げることが出来ました。

 

ウナギ釣り
まず1匹、「ウナギ」を確保!

 

より魚を釣る確率を上げるために、「ミミズ餌の竿」「魚の切り身餌の竿」の2本を出していました。

「ミミズ餌」は頻繁にアタリがあるのですが、「切り身餌」には、全然反応がありません。

 

「切り身餌」に使用した川魚
 

随分待っても無反応だったので、「餌が取られたかも…」と思って、仕掛けを上げてみることにしました。



ニッシー
「ん??」

 


違和感を感じたので軽くアワセを入れてみると、何か重たいものが引っかかっている感触。

 

ニッシー
「流木でも引っ掛かったかな~」

 


かなり重たかったですが、リールは巻けたので回収をすることにしました。


すると、巻き始めた途端に突然「生命反応」が!



緩めたリールのドラグから、ゆっくりラインが引き摺り出されていきます‼︎

 

ニッシー
「よっしゃ、大物だっ!!」



ファイトをしながら、「デカいナマズorウナギ」が釣れたと思っていました。


まさか、あんな「怪物」が喰いついてくるとは…。

 

「怪物を釣り上げる瞬間」を、GoProで撮影した動画がこちらです!

 

 

 

オオサンショウウオ 怪魚
淵の底から上がってきた「怪物」

 

ニッシー
「とんでもない奴」を釣り上げてしまいました!!

 

正体は、「ハンザケ(オオサンショウウオ)」だった!

 

改めて、僕が今回釣り上げてしまった「怪物」がこちら。

 

オオサンショウウオ
正体は、「オオサンショウウオ」

 

正体は、まさかの「オオサンショウウオ」でした!

僕の地元の方言では、「ハンザケ」と呼ばれています。

 

怪魚 
大暴れする「オオサンショウウオ」

 

小さい頃から、数えきれないぐらいこの場所に通っていますが、「ハンザケ」に遭遇したのは初めてです!


このハンザケは、とんでもない「激レア生物」なのです。

 

「ハンザケ(オオサンショウウオ)」ってどんな生き物⁇

 

「オオサンショウウオ」は、「世界最大の両生類」です。

全長は「最大1.5メートル」、体重は「30キロ級」まで成長します。

 

国指定の「特別天然記念物」

 

「オオサンショウウオ」は、「国の特別天然記念物」に指定されている生物です。


国内でも、島根県をはじめ「ごく限られた地域」にしか生息していません。

標高がやや高い「水の綺麗な川の上流域」に生息し、夜間に活発に活動をします。

釣れてしまった「ハンザケ(オオサンショウウオ)」を観察する

 

僕が釣ってしまった「ハンザケ(オオサンショウウオ)」が、いかに激レアな生物かお分かり頂けたでしょうか?

沖縄で例えるなら、特別天然記念物の「イリオモテヤマネコ」を釣ってしまったイメージです。

 

「ハンザケ(オオサンショウウオ)」を「意図的に捕まえる」、「持ち帰る」などすると、法律で厳しく罰せられます!

 

オオサンショウウオ
一時的に、クーラーボックスで休ませる
 

口にかかった針を外すために、クーラーボックスに水を溜めて、一時的に休ませました。


今回釣り上げた個体は、全長およそ「80センチ」


撮影していた動画から、トリミングした画像を使って「ハンザケ(オオサンショウウオ)」の特徴をお話します。


まずは、「頭」の部分から。

 

怪魚
「ハンザケ(オオサンショウウオ)」の頭

 

「ハンザケ(オオサンショウウオ)」の頭は、「大きく、横に平べったい」のが特徴です。

この頭の形は、巣穴となる「岩の隙間」に潜り込むのに適しています。

 


顔には「イボイボ」がたくさんあり、小さくて可愛い「目」がついています。

 

オオサンショウウオ 怪魚
「ハンザケ(オオサンショウウオ)」の体

 

「ハンザケ(オオサンショウウオ)」の体は、ウナギやナマズのように「ヌルヌル」しています。

背中にもイボイボがあり、危険を感じると「強い臭いがある白い粘液」を分泌するようです。



今回釣り上げた個体は、すぐ水に入れたためか「粘液」の分泌は見られませんでした。

 

オオサンショウウオ
「ハンザケ(オオサンショウウオ)」の指

 

これが、「ハンザケ(オオサンショウウオ)」のです。

爪がなく、プニプニしていて「赤ちゃんの手」のような感触でした。

 

前足は「4本」後ろ足は「5本」の指があります。

 

オオサンショウウオ
「ハンザケ(オオサンショウウオ」の尻尾

 

最後に、「ハンザケ(オオサンショウウオ)」の尻尾です。

尾の長さは、「全長の3分の1」を占めます。



「ハンザケ(オオサンショウウオ)」は、「尾に脂肪を蓄える」ので、元気な個体は尻尾が太くなります。

今回釣り上げた個体は、尾が太くマルマルとしていたので、健康状態は良さそうでした。

 

「ハンザケ(オオサンショウウオ)」をリリース

 

針を外し、クーラーボックスの中で充分休ませた「ハンザケ(オオサンショウウオ)」をリリースします。

 

怪魚 オオサンショウウオ
「ハンザケ(オオサンショウウオ)」を見送る

 

川辺に「ハンザケ(オオサンショウウオ)」を置くと、元気に川の中へ帰っていきました。


さて、僕は今日「ウナギ釣り」をしに来ています。

あと1匹はウナギが欲しかったので、場所を少し下流に移動して、釣りを続行することにしました。


すると、また「奴」がやって来たのです…。

 

場所を移動しても、また「奴」が…

 

気を取り直して、下流まで移動して、ウナギ釣りを再開します。

 


すると、開始してすぐに「切り身餌」の竿に強いアタリが!

リールのドラグから、ゆっくりラインが引き摺り出されていきます。

 

ニッシー
「このヒキは…、いや、まさか…」



この「エイ」のようなヒキ方は、もしかして…。

 

オオサンショウウオ
また「奴」が釣れた!

 

はい。まさかの2連続で「ハンザケ(オオサンショウウオ)」でした(笑)

しかも先程釣り上げた個体よりも、さらに「大型」

 

オオサンショウウオ 釣り
かなり大型の「ハンザケ(オオサンショウウオ)」

 

真では伝わりずらいですが、「メーターオーバー級」です!

ここまでデカいと、もう「妖怪」にしか見えません。

 

オオサンショウウオ
「10キロ以上」はありそうな巨体!
 

体重が重く、まるで「GT(ロウニンアジ)」のようなズッシリ感です。


この個体も、針を外すためクーラーボックスで休ませ、回復を待ってリリースしました。

 

オオサンショウウオ 怪魚
この個体も、休ませてからリリース

 

デカ過ぎて一苦労でしたが、元気に川に帰っていきました。

後日、このメーターオーバーのハンザケの計測データを基に「デジタル魚拓」の作成を依頼しました。

 

完成した「デジタル魚拓」
 

デジタル魚拓は、「撮影した写真」と「釣り上げた個体の計測データ」を基に作成出来ます。

 

釣り上げた「ハンザケ(オオサンショウウオ)」のサイズ感を再現!

 

「計測データ」を基に実寸大で仕上がっていますが、改めて見るととんでもない「怪物」です。

 

ニッシー
こんな「怪物」が近所の川に潜んでいるとは…

 

地元のことながら、自然界にはまだまだ僕の知らないことが多そうです。

 

翌日、恐怖の祟りが…

 

立て続けの「ハンザケ騒動」に、さすがの僕も疲れてしまいました。

少し怖くもなってきたので、この日は釣りを中断して早めに切り上げることにしました。


釣り友達に連絡し、「ハンザケの祟りがあるかもね」と冗談で話していたら、本当に「祟り」が…。



「ハンザケ(オオサンショウウオ)」を釣った翌日、魚を捌いていた時のこと。

普段の僕ならあり得ないミスで、出刃包丁が「左手の中指」にザクリ。

 

止血を試みるも、1時間以上も出血が止まらずに「救急外来」を受診。

患部を焼いて止血し、5針」を縫う事態になりました。

 

先生曰く、「もう少し傷が深ければ、指がなくなるところだった」とのこと。

絶対安静のため、2週間近く「釣りを禁止」された恐怖の祟りでした!



次回の記事では、「ハンザケ(オオサンショウウオ)の保護施設」を訪ねて、その生態について詳しくお話したいと思います。

 

 

ニッシー
それでは、また!

 

関連アイテム