ゴギ イワナ釣り 源流釣り

「源流釣り」で幻のイワナ「ゴギ」を狙う冒険

  • 2020年8月20日
  • 2021年11月20日
  • 釣る

こんにちは!島根のニッシーです!

私用でしばらく地元に帰省する関係で、島根での冒険をアップします。



今回は、僕が最も得意とする釣り「源流釣り」で、幻のイワナ「ゴギ」を狙うお話です。

 

「源流釣り」の魅力

 

「雨」として地上に落ちた水は、「川」となって「海」に流れ込みます。

そんな長い「水の旅」のスタート地点となるのが、「源流」です。

 

川の最上流部にあたるのが「源流域」
 

川の出発点である「源流域」を目指し、人里離れた渓流を登り進みます。


巨大な岩場を乗り越えたり、急流を渡ったり、背の高さ程もある笹藪を抜けたり、野生のクマに出くわしたり…。

源流釣りは「危険と隣合わせの釣り」です。

 

テンカラ釣り
北海道釣行での「源流釣り」の様子

 

それでも、「人の世の理」が通用しない「鬱蒼とした源流域」で竿を振っている感覚は、何事にも変えがたい感動体験です。

 

行者ニンニク
北海道の源流域で採取した「行者ニンニク」

 

魚を探して川を奥へ奥へと遡っていくと、

「籠いっぱいに採れる山菜やキノコ」「山鳥や鹿などの野生動物との遭遇」「見上げるほどの轟々と落ちる魚止めの滝」「龍神や落ち人伝説の怪奇譚が残る深い淵や渓谷」

といった非日常が待ち構えていて、次第に釣りを忘れて没頭してしまいます。

 

オショロコマ
北海道の源流で釣れた「オショロコマ」

 

源流釣りをしていると、「自然の中での人間の無力さ」を身に染みて体感出来ます。


古来より日本人が大切にしてきた、「自然への畏怖、自然の中で生かされている感謝の心」を思い出させてくれるのです。

 

「源流釣り」の装備

 

源流釣りでは、「少しのミスが命とり」になるので、装備をきちんと固めて向かいます。



足下は、「フェルトシューズ」を着用。

時には泳いで川を渡るので、「全身濡れても動きやすい格好」にしています。

 

「場所と状況」に合わせた装備を用意する

 

バックパックには、「ナタ、食料、救急箱、ヘッドライト、食料、雨具、ビニール浮き輪(川を渡る時に使用)などが入っています。

 

「フィッシングベスト」の中身

 

釣り具や小物は、「フィッシングベスト」のポケットに収納。

「クマ避けの鈴」は、ベストやバックパックに3つ装着しています。

 

山歩きには「大きな音のする鈴」が必須

 

川の近くでは鈴の音が聞こえづらいので、僕はよく大声で歌っています(笑)

釣り竿は、長さの異なるものを3本用意。

 

愛用している渓流竿
 

写真上が「長さ6.2メートル、柔らかめの竿」

写真中央が、「長さ5.4メートル、硬めの竿」

写真下が、「長さ3.5メートル、柔らかめの竿」です。


「川幅の狭さや周囲の環境」に合わせて、3本の竿を使い分けています。

 

「源流釣り」の仕掛け

 

今回は、「脈釣り」と言う釣り方で渓流魚を狙います。

脈釣りとは、「ウキを使わず、ラインの僅かな変化でアタリを読む釣り」です。


具体的な「仕掛けの図」は、こちら。

 

「脈釣り」の仕掛け
 

上の仕掛けを基本に、状況に合わせて「道糸やガン玉、針」のサイズを変えていきます。

「脈釣り」は、慣れないうちはアタリが取りづらく、やや難易度が高めの釣り方です。

 

脈釣り 渓流釣り
「目印」の動きの変化でアタリをとる

 

ライン上の「目印」の位置を水面近くに調整し、狙ったポイントに仕掛けを流します。

 

アタリのパターンは様々ですが、

「目印が水中に消し込む、回転する、止まる」など、変化があれば小さく、鋭く合わせます。

 

渓流釣り 脈釣り
「小さな変化」に、俊敏に反応することが大事!

 

「渓流魚」は警戒心が非常に高く、違和感を感じると餌をすぐに吐き出すので、一瞬の勝負です。


餌は「家の畑で採ったミミズ」と、「現地の川で採取したカワムシ」を使います。

 

クロカワムシ 渓流釣り
「川底の石」をめくると…

 

川底の石を裏返すと、小石がくっついた「カワムシの巣」があります。

 

カワムシ 渓流釣り
小石を剥がすと「カワムシ」がいる
 

この巣の中に「カワムシ」が入っているので、採取します。

 

クロカワムシ ヤマメ釣り
現地採取した「餌」は、特攻餌!

 

「カワムシ」の他、たまに現地で捕まえた「バッタ」などの虫も、餌に使用しています。

 

「渓流の宝石」を求めて源流へ

 

それでは、装備を持って「源流釣り」に出かけます!

 

車で、「入山口」まで移動

 

まずは、車で行ける場所まで川沿いを遡上。

もともとが田舎な地域なので、この時点でも、ほぼ片道一車線の秘境です(笑)


車を停めたら、川沿いに源流を目指して歩きます。

 

渓流釣り テンカラ釣り
「魚」がついていそうな場所を発見!

 

歩きながらも、「魚」がいそうなポイントがあれば竿を出します。

 

ヤマメ 渓流釣り
「ヤマメ」が釣れた!
 

大きな岩の陰で、25センチの「ヤマメ」が釣れました!

源流に生息する「天然ヤマメ」は警戒心が高く、釣れた喜びも大きいです!

 

ヤマメ 渓流釣り
背中の「パーマーク」が特徴
 

「ヤマメ」の体には、「パーマーク」と呼ばれる特徴的な模様があります。

美しい魚体を持つ渓流魚は、「渓流の宝石」と称されます。

 

ヤマメ 渓流釣り
良型の「ヤマメ」が釣れ続く

 

その後も、「ヤマメ」に遊んでもらいながら2時間程歩くと、雰囲気の良い場所に出ました。

 

川幅が狭くなる「源流エリア」へ

 

この辺りから、幻のイワナ「ゴギ」が出るエリアです。

 

幻のイワナ「ゴギ」を狙う

 

「ゴギ」とは、中国地方の一部の河川の最上流域にしか生息しない「幻のイワナ」です。

 

ゴギ イワナ
水族館で展示されている「ゴギ」
 

「イワナ」は警戒心が非常に高く、人の気配を察知すると岩陰から出て来なくなるため、難易度が高いターゲットです。


源流を上りながら、良さげなポイントに仕掛けを流してみると…。

 

ゴギ イワナ釣り 渓流釣り
幻のイワナ「ゴギ」が釣れた!

 

狙い通り20センチ級の「ゴギ」が釣れました!

 

ゴギ イワナ釣り 渓流釣り
「頭部まである白い斑点」が特徴

 

他のイワナと見た目がほとんど同じですが、「背中の白点が頭部まである」のが、「ゴギ」の特徴です。


その後も、源流を遡ると「ゴギ」が連発!

 

ゴギ イワナ釣り 渓流釣り

 

ゴギ イワナ釣り 渓流釣り

 

ゴギ イワナ釣り テンカラ釣り

 

ゴギ イワナ釣り 源流釣り

 

源流の川を遡上しながら、20匹近く「ゴギ」を釣りました!


資源保護のため、「ゴギ1匹とヤマメ2匹」をキープし、後の魚はリリースしました。

「ゴギ、ヤマメ、アユ」を食べ比べる

 

持ち帰った「ゴギ」「ヤマメ」を、以前の記事で釣った「アユ」と一緒に食べ比べてみることにしました。

 

「写真上:アユ」、「写真中央:ゴギ」、「写真下:ヤマメ」
 

「ヤマメ、ゴギ、アユ」のウロコは薄く細かいので、ウロコトリで取る必要はありません。


下処理として「塩」を使って、体表のヌメリをしっかり落とします。

 

「ゴギ」の胃袋から出てきたカナブン

 

「ゴギ」のお腹を開くと、胃から大量の「カナブン」が出てきました(笑)

渓流魚は「悪食」なので、前は「カエルやトカゲ」が出てきたことがあります。

 

オーブンでじっくり焼き上げる

 

表面に「塩」をまぶして下味をつけたら、オーブンの中火で10分焼きます。

焼き上がると、こんな感じ。

 

「写真上:アユ」、「写真中央:ゴギ」、「写真下:ヤマメ」
 

「3種類の川魚」を、僕の「独断と偏見」で食べ比べした感想を書いてみます。


個人的には、

「ヤマメ=ゴギ≧アユ」

の順に美味しいと思いました!

 

「ゴギ」の塩焼き

 

こちらは、「ゴギの塩焼き」。

「アユ」「特有のクセ」があり、「ヤマメ」「ゴギ」「クセがなくアユより淡白な味」に感じました。

もちろん、「味付け」や「食の好み」によって個人差が分かれると思います。

 

 

かつて「ゴギ」の生息地だった場所

 

上の写真の場所は、僕が子供の頃に「ゴギ」をたくさん釣っていたポイントです。

 

「40センチ級のゴギ」を釣り上げたこともある「秘密の釣り場」でしたが、護岸工事の影響で魚がいなくなってしまいました。

 

田舎の地域であっても、近年は「環境の変化」の影響で、ごく限られた場所でしか「ゴギ」を狙えなくなっています。

 

渓流釣り テンカラ釣り
安全対策を万全に、ルールを守って楽しみましょう!

 

「源流釣り・渓流釣り」では、「監察の購入」「禁漁、解禁時期の確認」をしっかりチェックしましょう!

「源流釣り」はやや難易度が高い釣りではありますが、数ある釣りの中でも最も「非日常を体験できる釣り」だと、僕は思います。

 

 

ニッシー
それでは、また!

 

関連アイテム