アケビ

実家の裏山で、「アケビ採り、栗拾い」を楽しむ冒険

  • 2020年11月26日
  • 2021年11月28日
  • 食べる

こんにちは!島根のニッシーです!

私用でしばらく地元に帰省する関係で、島根での冒険をアップします。

 

11月終盤になると、紅葉がピークを迎える

 

前回の記事に続き、「食欲の秋」にちなんで、地元の里山で「秋の味覚」を楽しむ冒険です。

 

実家の裏山で「アケビ」採り

 

「キノコ狩り」の帰り道、茂みの中に「アケビ」を見つけました。

 

アケビ
たくさん実った「アケビ」を発見!

 

「アケビ」もこの季節ならではの食材(フルーツ)で、ツル状の枝先にたくさんの実がつきます。

 

他の木に絡みついて高所に実っていることが多く、小学生の頃は「高枝切りばさみ」を持ち出して、実った「アケビ」をツルごと切って採っていました。

 

アケビ
食べ頃の「アケビ」

 

今回発見した「アケビ」は、まだ鳥につつかれておらず、ちょうど「食べ頃」

 

ツル部分をノコギリで切り落として、持ち帰って来ました。

 

アケビ
持ち帰ってきた「アケビ」

 

持ち帰って開いてみると、「アケビ」の中身はこんな感じ。

 

アケビ
「アケビ」の可食部分
 

アケビ
「可食部分」を取り出すとこんな感じ

 

「アケビの実」の見た目は「バナナ」のようで、味は「柿のような風味」です。

 

アケビ
実の中身は、種がぎっしり

 

中にがぎっしり詰まっているので、食べる時は慌てずに食べましょう(笑)

 

子供の頃に、よくおやつで食べていた懐かしい味でした。

 

実家の周辺で「栗拾い」

 

続いて、これも秋ならではの楽しみである「栗拾い」

 

実家の周りには「栗の木」が多く、この時期になるとあちこちで「栗拾い」が楽しめます。

 

実家近くにある「栗の木」

 

小学生の頃、下校途中によく「栗」を拾ってポケットをいっぱいにして帰ってきたのを思い出します。

 

懐かしくなって出かけてみると、今でも変わらずたくさんの「栗」が落ちていました。

 

大量の「栗」を発見!
 

イガの中にぎっしりと「栗」が

 

食べ応えがある「大きな栗」を求めて、思い当たる場所を探し歩きました。

 

結果、ビッグサイズを見つけることが出来、大満足で帰宅。

 

栗拾い
食べ応えのある「ビッグサイズな栗」
 

栗拾い
今回拾ってきた「栗」たち

 

そのまま蒸して食べても美味しいのですが、今回は「栗ご飯」で頂くことにしました。

 

栗ご飯
炊き立ての「栗ご飯」

 

シンプルな食べ方ですが、「栗」がとにかく甘く濃厚な味で抜群に美味しかったです!

 

以上、「食欲の秋」ならではの里山の食材の紹介でした。

 

 

ニッシー
それでは、また!

 

関連アイテム