モクズガニ

秋の食材「モクズガニ」を捕まえて食べる冒険

  • 2020年12月8日
  • 2021年11月20日
  • 食べる

こんにちは!島根のニッシーです!

私用でしばらく地元に帰省する関係で、島根での冒険をアップします。

 

里川の秋(写真は観光地「三段峡」)

 

今回は「食欲の秋」にちなんで、秋ならではの食材「モクズガニ」を捕まえる冒険です。

 

里川の秋の食材「モクズガニ」

 

「モクズガニ」は、淡水に棲むカニの仲間です。

大きさは最大10センチ超になり、川の上流域から河口まで幅広く生息しています。

 

モクズガニ
大型サイズの「モクズガニ」
 

「モクズガニ」の名前の由来は、ハサミに生えたブカブカの毛が「藻屑(もくず)」のように見えることから。

 

モクズガニ
ハサミに生えた「藻屑(もくず)」状の毛

 

触り心地はフサフサしていて、「柔らかい海藻」に近いイメージです。

普段は川で暮らしていますが、秋になると海まで降りて来て産卵し、海で孵化した子ガニは川を遡上して大きく育ちます。


カニと言えば「海のカニ」のイメージが強いかと思いますが、僕の地元ではこの「モクズガニ」が秋のご馳走でした。


今回は「モクズガニ」を捕獲して、美味しく頂きたいと思います。

 

近所の川で「モクズガニ」を捕まえる

 

それでは、近所の川に出かけて「モクズガニ」を捕獲します。

漁師の方は「専用の蟹カゴ」を使用されていますが、僕の地元では漁業権をもたない者は、カゴを使用出来ません。

 

 

ニッシー
「地域ごとにルールは異なるので、事前に確認をするようにしましょう!」

 

 

市販されている「カニ網」を使う

 

今回は、「カニ網を使った釣り」で「モクズガニ」を捕獲しました。

「エサを入れる用のネット」に魚の切り身を入れ、寄ってきたカニが「ネット」に絡まって釣り上がるという仕組みです。

 

「赤部分:エサ入れ用ネット」、「黄部分:カニ捕獲用ネット」

 

手順も簡単で、釣り糸に「カニ網」を結び、適当な竿でぶっこむだけです。

仕掛けを投げ入れたら、15分ぐらいおきに仕掛けを回収して、カニが掛かっているかの確認をします。

 


日没から3時間程、カニ釣りを楽しんだ結果…。

 

モクズガニ
「モクズガニ」が大漁!

 

「モクズガニ」20匹ゲット出来ました!

 

モクズガニ
食べ頃サイズの「モクズガニ」

 

なかなかの大物サイズ、食べ応えのありそうな「モクズガニ」が採れました。

 

 捕獲した「モクズガニ」をクッキング

 

それでは、捕まえてきた「モクズガニ」を美味しく料理していきます。

 

モクズガニ
「上海ガニ」の正式名称は、「チュウゴクモクズガニ」

 

ちなみに、中国の高級食材として知られている「上海ガニ」もモクズガニの仲間です。

調理の前に、3日間程「モクズガニ」を真水に浸して泥抜きをしておきます。

 

 

準備が出来たら、鍋に水を張ってカニを投入!

 

モクズガニ
今のところ、おとなしいカニたちだが…

 

まだ火をつけていないので、カニたちは鍋底で大人しくしています。

いきなり熱湯に投入すると、カニが驚いて脚を自切してしまうので、水から茹で始めるのがコツです。

 

 

しかし点火してからが、大変なんです(笑)

どんどん鍋の温度が上がり、カニたちは大パニック!

 

モクズガニ
一斉に、脱走を始めるカニたち!

 

すごい力で鍋蓋を押しのけ、脱出しようとします。

火にかけた途端、暴れ出すカニ達の動画がこちら。

 

 

弱るまで蓋でしっかり押さえつけないと、脱走してキッチンが大騒ぎになります(笑)

残酷なようですが、モクズガニは死んでしまうと強烈な臭みを発するので、生きたまま調理するのが鉄則です。

 

 

そして茹であがったカニ達が、こちら。

 

モクズガニ 食べ方
茹でられて赤くなった「モクズガニ」

 

もちろん、このまま食べても美味しいのですが、オススメの食べ方があります。

 

「モクズガニ」の美味しい食べ方

 

「モクズガニ」は、「松葉ガニ、タラバガニ」などと比べて身が少なく、そのまま食べるには少し物足りません。

 

「海のカニ」と比べて身が少ない…

 

僕が1番オススメする「モクズガニ」の食べ方は、「カニ汁」です。

「モクズガニ」の強みである、「濃厚なコクと旨み」を最大限に引き出せます。

 

モクズガニ
モクズガニの「カニ汁」
 

モクズガニ 食べ方
濃厚な味で、とにかく美味しい!

 

「甲羅、脚」を割った「モクズガニ」を味噌ベースで煮込むシンプルな料理ですが、これがとにかく美味いんです!

 

モクズガニ
「モクズガニ」の濃厚なカニ味噌

 

「モクズガニ」は、「カニ味噌」がとにかく濃厚で、個人的には「海のカニ」にも勝っていると思います。

 

「日本酒」との相性も抜群!

 

「カニ味噌」が詰まった甲羅に、「日本酒の熱燗」を注いで楽しむのもオススメです。

 

 

お次の料理は、「モクズガニの炊き込みご飯」

こちらも、「モクズガニ」の濃厚な旨味を存分に味わえる食べ方です。

 

モクズガニ 食べ方
モクズガニの「炊き込みご飯」

 

一度蒸したカニの「甲羅、脚」を割り、米の上に乗せて炊き込みます。

 

モクズガニ 食べ方
濃厚な「カニ味噌」がしみ込んだご飯

 

炊き上がったら、「カニ味噌」が染み込んだご飯を混ぜ合わせます。

ほぐしたカニの身をトッピングして、完成です。

 

モクズガニ 料理
「カニ味噌」が濃厚で、とにかく美味しい!
 

炊き立てのご飯から、「カニ味噌」の良い香りがして、抜群に美味しいです!

 

モクズガニ
モクズガニの「カニ汁」、「炊き込みご飯」セット

 

市場への流通量は少ないものの、「モクズガニの濃厚な旨さ」はぜひ一度は味わって頂きたい味です。

 

これから秋が深まり、里には厳しい冬がやって来ます。

寒いながらも、これからの冬時期ならではの魚たちが僕を待っています。



ニッシー
それでは、また!



 

関連アイテム