ロックショア ヒラスズキ ランカーシーバス

「マルスズキ、ヒラスズキ、タイリクスズキ」の見分け方

  • 2021年2月27日
  • 2021年11月29日
  • 釣る

こんにちは!島根のニッシーです!

私用でしばらく地元に帰省する関係で、島根での冒険をアップします。

 

「前々回の記事」では95センチのマルスズキ前回の記事」では91センチのヒラスズキを釣り上げた冒険を紹介しました。

 

ランカーシーバス 蛙スプーン
「95センチ、7.2キロ」のマルスズキ

 

ランカーヒラスズキ ロックショア ヒラスズキ ランカーシーバス
「91センチ、8キロアップ」のヒラスズキ

 

今回は、国内に生息する3種類の「シーバス(スズキ)」の見分け方を紹介します。

 

 

国内のスズキは「3種類」に分類される

 

日本国内に生息している「シーバス(スズキ)」は、「マルスズキ、ヒラスズキ、タイリクスズキ」の3種に分類されます。

いずれの種も、「スズキ」として市場に流通している場合が多いですが、「見た目、主な生息地域」に違いがあります。

 

①:マルスズキ

スズキ シーバス 見分け方
「マルスズキ」

 

3種の中で最も個体数が多く、最も一般的なスズキが「マルスズキ」です。

「北海道から鹿児島」まで広く分布し、市場に流通しているのも主に本種です。

見た目の特徴として、「体高が低く細長いシルエット、口が大きい、目が小さい、尾鰭の付け根が細い」などが挙げられます。

 

 

②:「ヒラスズキ」

 

シーバス スズキ見分け方
「ヒラスズキ」

 

次に個体数が多いのが、「ヒラスズキ」です。


「ヒラスズキ」は温暖な海域を好み、外洋に面した磯を回遊していることが多いです。


3種の中で最も遊泳力が強く、最もヒキが強い「シーバス」です。


見た目の特徴として、「体高がある丸みがかったシルエット、頭部が小さい、目が大きい、尾鰭の付け根が太い、下顎に鱗がある」などが挙げられます。

 

 

沖縄 ヒラスズキ
沖縄県西表島で水揚げされた「ヒラスズキ」(西表島在住の師匠のFBより)
 

これまで「ヒラスズキ」の分布の南限は「屋久島」だとされていましたが、先日に「沖縄県西表島」で定置網にかかった個体が発見されました。

 

 

③:「タイリクスズキ」

 

タイリクスズキ フライフィッシング
「タイリクスズキ」(地元の友人からの提供写真)

 

「中国、朝鮮」から移入された外来種のスズキが、「タイリクスズキ」です。

養殖されていた個体が逃げ出し、野生化したものが「九州、四国地方」を中心に広がっています。


見た目の特徴として、「マルスズキより体高が高くヒラスズキよりも低い、頭部が小さい、目が大きい、体に黒点が点在する」などが挙げられます。

 


ただ「黒点のないタイリクスズキ」も稀におり、黒点の有無だけで完全な判別は難しそうです。

僕はまだ釣ったことはないですが、島根県でも河口域に「タイリクスズキ」が生息しています。

「マルスズキ」と「ヒラスズキ」の見分け方

 

続いて、「マルスズキ」「ヒラスズキ」外観での見分け方を詳細に紹介します。

 

見分け方その①は、「顔の違い」です。

 

マルスズキ ヒラスズキ 見分け方
写真上「マルスズキ」、写真下「ヒラスズキ」

 

マルスズキ「顔(口)が大きく、目が小さい」ヒラスズキ「顔が小さく、目が大きい」という特徴があります。

 

写真の「ヒラスズキ」は、大型なので「顔の小ささ」が伝わりにくいですが、顔に対しての「目の大きさ」の違いがよく分かるかと思います。

 

 

見分け方その②は、「体型の違い」です。

 

ロックショア ヒラスズキ ランカーシーバス
写真上:「ヒラスズキ」、写真下:「マルスズキ」

 

マルスズキ「体高が低く細長いシルエット」ヒラスズキ「体高が高く丸みがかったシルエット」が特徴です。

 

 

見分け方その③は、「エラぶたの形状の違い」です。

 

マルスズキ ヒラスズキ 見分け方
写真上「マルスズキ」、写真下「ヒラスズキ」

 

マルスズキ「エラぶたが三角状に尖っている」ヒラスズキ「エラぶたが丸みを帯びている」のが特徴です。

 

 

見分け方その④は、「下顎にあるウロコの違い」です。

 

マルスズキ ヒラスズキ 見分け方
写真上「マルスズキ」、写真下「ヒラスズキ」

 

マルスズキ「下顎にウロコがない」ヒラスズキ「下顎にウロコがある」のが特徴です。

 

 

見分け方その⑤は、「背ビレの違い」です。

 

マルスズキ ヒラスズキ 見分け方
写真上「マルスズキ」、写真下「ヒラスズキ」

 

マルスズキ「背ビレに黒点の模様がある」ヒラスズキ「背ビレに模様がない」のが特徴です。

 

 

見分け方その⑥は、「尾ビレの付け根部分の違い」です。

 

マルスズキ ヒラスズキ 見分け方
写真上「マルスズキ」、写真下「ヒラスズキ」

 

マルスズキ「尾ビレの付け根が細い」ヒラスズキ「尾ビレの付け根が太い」のが特徴です。

 

 

以上が、「マルスズキ」「ヒラスズキ」の見分け方となります。

 

自分が釣った「シーバス(スズキ)」がどの種類なのか迷ったら、この見分け方を思い出して比べてみてくださいね!

 

 

ニッシー
それでは、また!

 

関連アイテム