イラブチャー ゲンナーイラブチャー ブダイ 釣り 沖縄

沖縄の地磯から、巨大ブダイ「ゲンナーイラブチャー」を釣り上げた冒険

ハイサイ!沖縄のニッシーです!

沖縄の魚といえば、カラフルで色とりどりの魚をイメージされる方が多いと思います。

 

BEGINさんの曲の歌詞に「釣れた魚は空の色~♪」という歌詞がありますが、今回釣り上げた魚も「綺麗な青色」の魚でした。

 

 

地磯からの「垂らし釣り」で魚を狙う

 

この日は、沖縄本島中部にある「残波岬」という地磯で釣りをしていました。

足場が悪く、海面までかなりの高さがある上級者向けの釣り場ですが、水深があって地形が複雑なので魚種が豊かなポイントです。

 

上級者向けポイントの「残波岬」

 

普段は「シイラ、カツオ」等の回遊魚をルアーで狙っているのですが、魚の回遊がない場合は「垂らし釣り」に切り替えて釣りを楽しみます。

「垂らし釣り」とは、オモリと針のみを使うシンプルな仕掛けで、その名の通り「磯際から海底に仕掛けを垂らしてアタリを待つ釣り」です。

 

垂らし釣り
「垂らし釣り」仕掛けの一例

 

「狙っている魚、釣り場」に合わせて仕掛けは変更しますが、「足下に落としてアタリを待つ」スタンスは共通です。

小型の魚から大型魚まで、応用することで色々な魚を狙える釣り方です。

 

カニ餌で「巨大ゲンナーイラブチャー」が釣れた!

 

今回は大型魚狙いでの「垂らし釣り」を行いました。

「20号近いナイロンライン」に「タマン針」を組み合わせた仕掛けを使用。

 

沖縄釣り マクブ イラブチャー タマン
餌は「生きたカニ」を使用

 

餌は、事前に捕まえてきた「カニ」を生きたまま使用します。

カニを「チョン掛け」して足下に落とし、海底から少し浮かせてアタリを待ちます。

 

竿先を小突くようなアタリが連発するものの、針掛かりしないまま餌のカニだけ取られる時間が続きました。

 

残りのカニも少なくなってきたところで、竿先が一気に海面に突っ込むような「強烈なアタリ」!!

 

ニッシー
「本命だーっ!!」

 

喜びもつかの間、魚が根に潜らないように強引に巻き上げて短期決戦に持ち込みました。

リールのドラグを限界まで絞めて勝負をかけ、それでも走られながらも水面に浮かんだのは「青い魚体」

 

イラブチャー ゲンナーイラブチャー ブダイ 釣り 沖縄
「ゲンナーイラブチャー(ナンヨウブダイ)」

 

イラブチャー ブダイ 怪魚
「ゲンナーイラブチャー(ナンヨウブダイ)」

 

初めて釣り上げた新魚種、「ゲンナーイラブチャー(ナンヨウブダイ)」でした。

まさに「海の青、空の青」よりも鮮やかな青色で、釣り上げてからしばらく見とれていました。

 

怪魚 イラブチャー 沖縄釣り
そのサイズは、「70センチ、5.5キロ」

 

釣り上げた個体のサイズは、「全長70センチ、重量5.5キロ」!

美しい魚体もさることながら、そのデカさにも感動していました。

 

「ゲンナーイラブチャー(ナンヨウブダイ)」ってどんな魚??

 

「ゲンナーイラブチャー」は沖縄での方言で、和名は「ナンヨウブダイ」です。

最大で70センチ近くなる大型のブダイで、サンゴ礁域や岩礁エリアに生息しています。

 

怪魚 イラブチャー ゲンナーイラブチャー
「ゲンナーイラブチャー」の頭

 

「ゲンナー」は沖縄の方言で「玄翁(げんのう、トンカチ)」のこと。

「トンカチで叩かれたように頭が腫れたイラブチャー(ブダイ)」という意味になります。

 

ナンヨウブダイ アオブダイ 歯
英名は「パロットフィッシュ」

 

ちなみに、ブダイは英名を「パロットフィッシュ」といいます。

「パロット(オウム)」のような特徴的な歯を持つことが由来です。

 

この歯で、硬い「サンゴ、甲殻類」を噛み砕いて食べています。

今回釣り上げた個体は、口元に「牙のような歯」が飛び出していました。

 

「ゲンナーイラブチャー」の尾鰭

 

見た目が類似している魚に「アオブダイ」がいますが、「ナンヨウブダイ(ゲンナーイラブチャー)」は上の写真のように「尾鰭の上下が伸びている」のが特徴です。

アオブダイは「シガテラ毒」を持つ個体がおり中毒死の事例もありますが、今回のナンヨウブダイは食用魚として親しまれています。

 

「ゲンナーイラブチャー(ナンヨウブダイ)」を解体する

 

そんな訳で、持ち帰ってきた「ゲンナーイラブチャー(ナンヨウブダイ)」を美味しく頂くことにします。

 

イラブチャー 怪魚 ブダイ
「ゲンナーイラブチャー」を捌く

 

「ウロコ」も特大サイズ

 

捌いていくと「ウロコ」の一枚一枚も特大サイズ。

大きなウロコで、排水溝がすぐに詰まってしまいました(笑)

 

怪魚、イラブチャー ナンヨウブダイ ブダイ
「ゲンナーイラブチャー」の解体が完了

 

「イラブチャー(ブダイ)」の仲間は、たまにハズレで「生臭い個体」がいるのですが、今回は大丈夫でした。

 

「刺身(酢味噌)」を美味しく頂く

 

イラブチャー ブダイ
「ゲンナーイラブチャー」の切り身

 

まずは、「刺身用」にゲンナーイラブチャーの身を切り分けます。

イラブチャーは「皮」が美味しいので、皮をバーナーで炙り、氷水で絞めて「松皮づくり」にします。

 

イラブチャー 刺身
バーナーで炙って「氷水」で〆る

 

イラブチャー 刺身
イラブチャーの「松皮づくり」

 

沖縄では、イラブチャーの刺身を「酢味噌」で食べることが多いです。

今回も「手作りの酢味噌」をつけて、美味しく頂きました。

 

イラブチャー 酢味噌 刺身
「酢味噌」で美味しく頂く

 

透き通った白身は美しく、皮を嚙みしめるごとに「濃厚な甘味と旨味」が楽しめます。

 

「アラの煮つけ」を美味しく頂く

 

怪魚 イラブチャー
「アラ」を煮つけにする

 

続いて、「ゲンナーイラブチャーのアラ」を煮つけにします。

巨大な頭をそのまま丸ごと鍋に投入!

 

怪魚 イラブチャー ブダイ
「アラ」を鍋にインする

 

「ゴボウ、ショウガ」を一緒に入れて、醬油や味醂で味を調えます。

じっくりと煮詰めていくと、「見た目」に変化が、、、

 

怪魚 イラブチャー 煮つけ
色が「緑色」に変化

 

イラブチャー 煮つけ 怪魚
「イラブチャーの煮つけ」、完成!

 

なかなか「ホラー」な見た目になってしまいましたが、「イラブチャー煮つけ」が完成!

 

怪魚 イラブチャー 煮つけ
見た目は、なかなか強烈(笑)

 

「おでこ」の部分

 

見た目の強烈なインパクトはともかく、美味しそうな匂いです(笑)

 

「イラブチャーの煮つけ」のお味は…

 

フワフワとした食感で、醤油がしっかりと身に染み込んでいます。

皮の部分もコラーゲンたっぷりで、プルプルしていて抜群に美味しかったです。

 

今回釣り上げた「ゲンナーイラブチャー」を検量に持ち込んだところ、夢の「沖縄県記録」まであと少しというサイズでした。

次は「県記録釣ってみますよ!」と釣り仲間と笑いあったこの後日、まさかこれが現実になるとは夢にも思いませんでいた、、、。

 

次回の記事では、「夢の沖縄県記録」を更新した冒険を紹介します。

それでは、また!